主な活動状況

寄付講座における研究開発の結果、またデジタルグリッド関連技術特許を30件出願し4件成立した。これら特許はすべて東京大学へ譲渡完了した。また、学術活動として、関連研究論文16本、国際学会発表33本を発表した。本年度は、これら成果を基に昨年度から文部科学省のベンチャー設立プログラムSTART事業に選定され、福島県郡山市で国内電力サービス事業の国内展開の社会実験を開始した。本実験は12月に復興庁からも東北復興先導事業として選定され、福島民報をはじめ地域会社の参加も得ながら社会実装を進めている。並行して、平成25年度に設立された株式会社デジタルグリッドが、デジタルグリッド技術特許を活用した無電化村向け電力供給サービス並びに先進国向け電力流通サービスを実行する計画を元に平成26年2月と11月に東京大学エッジキャピタル等の国内投資家から合計7億8千万円の資本調達を実行し研究成果の社会還元を進めている。 海外向けには、9月に世界経済フォーラム天津会議(サマーダボス会議)のIDEASラボのUTokyoセッションで講演し好評を得た。また、欧州においては平成25年の欧州会議の招待講演の後、デジタルグリッド技術を利用したEUプロジェクト(Smart Rural Grid Project)が組成された。スペイン電力会社を中心にスペインカタルーニァ地方にて社会実証実験を開始した。

研究および対外広報などの主な活動状況

時期 内容
2015/6/1 TBS「夢の扉」デジタルグリッド紹介
2014/12/1 復興庁「新しい東北」先導モデル事業に選定:福島民報と連携
2014/12/1 Global Leaders ProgrammeGIFT
2014/9/1 福島県郡山市での実証事業開始START事業
2014/8/1 2014 TECO Green Tech Contestへの参加
2014/3/1 日本-スイス国交樹立150周年記念招待講演 
2014/3/1 郡山市産業技術アドバイザー就任
2014/1/1 第1回オープンエナジーシステムワークショップ招待講演
2013/12/1 世界経済会議 Energy Harnessing Program招待講演 
2013/11/1 東大フォーラム2013ブラジル:サンパウロ大学
2013/10/1 大学発新産業創出拠点プロジェクトSTART事業採択
2013/9/1 米国電力研究所-東大ワークショップ開催
2013/9/1 特許:デジタルグリッド関連技術30件申請、国内4件、米国カナダ1件成立、東京大学へ譲渡
2013/6/1 TICAD V「アフリカン・アメリカンフェアー」招待講演
2013/3/1 EU議会 EIASセミナー 基調講演
2013/2/1 日本電気学会論文誌 デジタルグリッド特集号
2013/2/1 ケニア・タンザニアの電化可能性調査 
2012/10/1 経済同友会講演 第5回環境・エネルギー委員会
2012/9/1 日本外国人記者クラブ(FCCJ) 記者会見開催 

他研究機関との主な連携活動状況

  • 米国ノースカロライナ州立大学FREEDMプロジェクト連携協議 (2013)
  • 米国ロッキーマウンテン研究所 eLab WorkShop参加(2013)
  • NECスマートエネルギー研究所共同研究 (2014)
  • ケンブリッジ大学スマートエネルギー研究センターとの連携(2014)
  • 株式会社エプコ共同研究 (2014)
  • アイピー・パワーシステムズ株式会社共同研究 (2014)
  • 欧州プロジェクト開始:スペイン電力会社(エスタバネルエネルギア社)(2014/12)
  • 大学発ベンチャー㈱デジタルグリッド増資 UTEC、J-Power、日本政策投資銀行、NEC・SMBCキャピタル (2015/2)
  • Asian Energy Studies Center(AESC)リサーチ連携 (2015/2)

総括寄付講座設立記念シンポジウム開催 (2013/9)

    第一部 基調講演
  • 新エネルギー・産業技術総合研究開発機構理事長 古川一夫氏
  • 経済産業省資源エネルギー庁新エネルギー対策課長 村上敬亮氏 招待講演
  • 日本電気株式会社代表取締役執行役員社長 遠藤信博氏
  • 第二部「講座が目指す日本発:デジタルグリッドの開発と展開」
  • 「デジタルグリッドに対する関係者からの期待」
  • 外務省国際協力局政策課長 鈴木量博氏
  • 京都大学大学院経済学研究科教授 諸富徹氏
  • 経済産業省商務情報政策局情報経済課長 佐脇紀代志氏
  • 米国電力研究所(EPRI)副社長 マーク・マクグラナガン氏

世界経済フォーラム天津会議IDEASラボ東京大学セッション招待講演(2014/9)

対外発表の動画

再生リストの左上をクリックすれば、過去のいろんな発表を確認することが可能です。